FX 逆張りとナンピンの危険な関係

FXで危険と言われる逆張り。ナンピンを上手く活用することで利益をもたらします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

逆張りに役立つチャート分析③


*逆張りに理想的な上昇トレンド

120804audusd4h.png


下側の斜線が、ローソク足の安値と安値を結んだ、上昇トレンドラインです。

上側の斜線は、上昇トレンドラインから平行に引いた線です。

高値と高値を結んだように見えますが、偶然にほぼ一致しました。

これだけ綺麗に、一定の幅(=値動き)で推移することも珍しいです。

このようなチャートとライン分析で、ベストのエントリーは何でしょうか?

上昇トレンドラインでのロングが安全と考えます。



*逆張りで、長期のトレンドが出現している時

このチャートは四時間足です。

かなり長期間に渡って上昇しています。

このような場合、上のラインでの逆張りショートは危険です。

なぜなら、この場合の逆張りショートは、長期のトレンドにも逆らっているから。

長期に渡るトレンドは、一時戻しはあっても、続いていくケースが多いのです。



逆の、下の上昇トレンドラインでのロングを考えます。

エントリー時は、下降してきているところで逆張りロング。

同じ逆張りでも、これは長期間のトレンドと方向が同じです。



上側のライン付近で、あえて逆張りショート。

その場合は、ロットは控えてナンピンも熟慮します。

浅目の利確や損切りで、深追いは禁物です。

1000通貨単位などで、綿密なトレードをしなくてはなりません。



逆張りナンピン やりたいことと、やっちゃいけないこと






             
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。