FX 逆張りとナンピンの危険な関係

FXで危険と言われる逆張り。ナンピンを上手く活用することで利益をもたらします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

逆張りに役立つチャート分析②


* 水平のラインを引く ~ 高値線と安値線

チャートは、山と谷のピークを作って進行していきます。
直近の高値や安値で、水平のラインを引きます。
同じような値で折り返しているピークがあるはずです。
なければ、その値のラインは消します。

近い値でピークのある山と山、谷と谷を水平ラインで結びます。

120419AUD.png



水平線で反転しているところが、多く見受けられます。




* 斜線を引く ~ トレンドライン

ローソク足の安値のピークを結んだ線。
これが上昇のトレンドラインとなります。

0724eurusd1h.png



高値のピークを結んだ線は、下降のトレンドラインです。

ローソク足とトレンドラインのクロスポイント。
このポイントで反転することがよくあります。

当然ですが、そのままブレークアウトすることもあります。

マーケットで水平線とトレンドラインは必ず意識されています。




* トレードの戦略を考える

ラインを引いた後、実際のトレード戦略を練ります。
この時、インディケーターを参考にすることもあります。
移動平均線やMACDなどが一般的です。

①順張りか逆張りか。
②テイクプロフィット(利益の確定)、ストップロス(損切り)。
③ポジションを増やすか増やさないか。
最低限この三つは決めます。

逆張りは、基本的にマーケットの流れに逆らっています。
エントリーした時から暫くは、逆行することを覚悟しなければなりません。
逆行してポジションを増やす(ナンピン)ポイントも、決めておく必要があります。

    


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。