FX 逆張りとナンピンの危険な関係

FXで危険と言われる逆張り。ナンピンを上手く活用することで利益をもたらします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

経済指標の発表に動じない方法

アメリカやユーロの指標発表で、相場は大きく動くことがあります。
特に動くのが、失業率などの雇用統計と、政策金利などの金融政策関連。

この時、どのようなトレードをしていますか?

・ポジションを持って、ギャンブル的に発表を待つ。
・動いた瞬間に、その方向へ順張りポジションをとる。
・逆張りで、カウンターからナンピンポジションを増やす。

この三つは、非常にリスクの高いトレードです。
出来れば避けたほうが良いし、やるなら小ロットで控えめに。



先月のイベントで、面白い結果が出ています。

20121003_0914.png

ユーロドルの短い時間足チャートです。
左の青矢印はドイツの注目イベント、右はアメリカのFOMCです。
最初は大きく下落、戻した後はそのまま上昇です。

このチャートでトレードしようと思ったら、上述した三つの方法でしょう。
しかし、ハイリスクすぎます。



1時間足で見ていたのですが

20121003 0914トレンド

赤丸が、先ほどのチャートの青い矢印です。

どうですか?
ラインと反応してますよね。
この2つのポイントでは、迷わずナンピン覚悟の逆張りでエントリー。
裏付けのある、トレードプランに基づいています。
例えロスカットになったとしても、それは結果。
エントリーする価値は十分あります。



大きく動くから、リアルで詳しくレートを知りたい。
その心理はわかります。
だからといって、短かい時間足だけでは視野が狭いです。
1時間、4時間、または日足など、長い足のチャートで視点を変えます。
事前にチャートを分析して、根拠のあるトレード戦略を建てておきます。

資金にも心にも、余裕を持って指標発表を迎えましょう。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。